ゴム金型 設計製作  3次元スキャナー デジタルシボ゙加工 工業彫刻

  株式会社 昭和テック  
   
   
News&topics

 







 
 Contact






社員募集中


CADCAM/機械オペレーター
要 普通運転免許

会社案内RECRUITをご覧下さい


 ご案内


▼ 
ファクトリーツアー
▼ ビュ−ワ−ソフトの解説


 Biomimicry



< 自然に学ぶテクノロジ− >
自然が一番知っている。
当社は生物の機能を模倣することで新しい技術を生み出す「バイオミミクリー」を推進しています。














■ 自然に学ぶテクノロジ− ミミクロコート

ミミクロコートとは、バイオミミクリ−に代表される「擬態」という言葉と、「ミクロ」という超微細加工技術を融合し命名した、当社独自の技術です。シボでもブラストでも無い第三の表面処理技術で、ゴム製品に新たな表現力を付加します。

※ 法政大学デザイン工学部 大島デザイン研究室との共同特許・登録商標出願中
 
>> 技術情報の詳細はこちら




当社は法人会員として、ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)の活動に賛同しています。



■ ゴム金型 設計製作 

<<マシニングセンター15台による強力な生産力>>

ゴム金型製作に必要な全ての設備を完備。設計から製作までのワンストップサ−ビスで、短納期・コストダウンを推進します。他社で断られた複雑形状や外観部品等も、高度な技術で解決のお手伝いを致します。






高速加工機や最新3次元CAD/CAMの導入など、積極的な設備投資により、常に最先端の製造環境をキ−プ。豊富なノウハウと業界最高レベルの設備を以って、お客様の期待にお応えします。

>> 技術情報の詳細はこちら





■ 三次元CADCAMデ−タ−作成 / 三次元スキャナ− 

当社では豊富な設備を元に、3Dレーザースキャナによるデータ支給サービス・各種デザイン設計・解析・測定作業など、様々なデジタル業務を行っております。

>> 技術情報の詳細はこちら





■ 工業彫刻 業務用印鑑 

当社で最も歴史ある技術が彫刻技術です。全自動システムによる、高品位な業務用印判の製作が可能です。郵便局の消印や、官製用印鑑製作の長い歴史は、高い技術力と当社への信用の証でもあります。

>> 技術情報の詳細はこちら





■ NEWS 
▼ NEW 2017年7月 SOLIDWORKS2017 導入
業界屈指の操作性と豊富な3次元設計機能を備え、データ互換性・拡張性に優れた3DCADソリッドワークスを導入しました。







▼ 2016年8月 レーザー溶接機 LaserStar 1900
金型の修理、メンテナンスを容易にする為、中型のレーザー溶接機を導入しました。経年劣化による喰い切りの復元や成形時のトラブル(破損)、また設計変更に於ける部分修正等に於いて、熱変異の少ないレーザー溶接機は抜群の威力を発揮します。
>> 詳細はこちら



 
▼ 2016年4月 FANUC α-D21SiA 高精度輪郭制御
試作金型及び電極をスピーディーに加工するため、FANUC製マシニングセンターを導入しました。どんなに優れた大型機械であってもスピンドルは一つです。「小さなものを専用に加工する」という振り分け効果で、他の機械の稼働にも余裕が生まれます。
>> 詳細はこちら




▼ 2016年2月 ニイガタ且蜊テ 生物に学ぶモノづくりにて講演
ニイガタ且蜊テによる「生物に学ぶモノづくり」講演が、2016年2月京都リサーチパークで行われました。当社はそこでこれまで作ってきたサンプルを基に「東京での取り組み事例」の紹介をしました。座長は立命館大学教授、大阪大学准教授による講演も合わせて行われました。
>> 詳細はこちら




▼ 2016年2月 NTTデーターエンジニアユーザー会にて講演
2016年2月4日名古屋ミッドランドホール、2月10日大宮ホテルブリランテ武蔵野の両日、NTTデーターエンジニアのユーザー会にて、弊社代表藤原が「我が社のDNCシステム紹介」のタイトルで講演をしました。
>> 詳細はこちら





▼ 2015年10月 キャスターストッパー金型製作
巨大地震発生時にオフィスのコピー機は暴走し凶器に変わります。そこで当社のバイオミミクリー金型技術を応用。ヒトデが岩に吸着するメカニズムを採用し、「GOMPRO(ゴムプロ)」様のキャスターストッパー金型製作のお手伝いをしました。
>> 詳細はこちら





▼ 2014年5月 JFSよりニュースレター発行
法人会員でもあるジャパン・フォー・サステナビリティ
「ニュースレター」で、当社が取り組んでいる「バイオミミクリ」を活用した独自技術の記事が取り上げられました。
>> 詳細はこちら





▼ 2013年9月 日刊工業新聞 金型業界誌に技術記事を寄稿

業界誌である
「型技術9月号」に、「切削負荷」をテ−マにした技術情報(6400文字)を寄稿しました(弊社代表藤原)。最新CADCAMに於ける工具負荷の有効性や、切削時の負荷制御を工作機械の創成期から辿った、歴史資料としての内容をも含んでます。




 
▼ 2011年〜 法政大学工学部との共同研究開始
東京都主催産学連携事業の一環として、法政大学との共同研究を開始しました。1・画像処理における金型の超微細加工システム 2・熱中症防止製品の開発 3・タコの吸盤構造を模倣した強力吸盤 以上3つのproject
研究室サイトで紹介されてます。
>> 詳細はこちら





▼ 2010年4月 ニコン3次元電子顕微鏡
MM-400/LFA導入
製品のより精密な検査デ−タ−を確保する為、
電子顕微鏡を設備しました。汎用測定機器では得られない、製品の精密測定が可能となりました。  




>>次のページへ △ページのトップへ








 
 
  株式会社 昭和テック  本社 郵便番号124-0012 東京都葛飾区立石8-15-7 電話03-3694-6566 ファックス03-3697-7909  
Copyright (C) SHOWA-TEC Co.,Ltd. All Rights Reserved.